ブログ一覧【おなまえ~る】

ご利用ガイド サイズ対応表 おなまえ~るについて ホームに戻る

おなまえーるがヨムーノで紹介されました!

2020年01月27日

こんにちは、ちゅんみです。

 

先日おなまえーるがリニューアルをしました。

ママさんに選ばれ続けるおなまえーる、なんと累計20万セット販売しているのです。

みなさん、本当にありがとうございます。

 

先日、ヨムーノさんでおなまえーるを取り上げて頂きました!

ありがとうございます。

 

ヨムーノでおなまえーるが紹介されました

 

 

おなまえーるはなんと今回ヨムーノさんで紹介して頂きました。

 

こちらをご覧ください。

https://www.o-uccino.jp/article/posts/59208

 

このたび、おなまえーるは、セット内容を見直し、さらに使いやすく、ママさんがより楽しくお名前書きをできるようリニューアルしました。

 

・収納ボックスが新しくなった

 

 

こちら、イラストがかわいいでしょう?

お子さんが収納ボックスに書いてある内容を読みながら楽しくお名前スタンプを使えるように工夫しています。

 

そのため、親子でお名前スタンプを使うことだってできるかもしれません。

 

 

自分の持ち物に、自分でお名前書きができるなんて、お子さんの成長に繋がりますよね。

お友だちに「これ、私が、僕が自分でスタンプしたんだ」と自慢できちゃいます。

 

・小さなお子さんにも安心

 

 

お名前の前にイラストがあるスタンプも登場しました。

まだ自分の名前の文字が読めないお子さんでも、お気に入りのイラストを覚えれば、自分のものと判断しやすくなります。

 

・フォントが選べる

また、今まではお名前スタンプの文字のフォントが選べませんでしたが、

リニューアルで選べるようになりました。

お好みのフォントをお選びくださいね。

 

 

 

ヨムーノってどんなサイト?

さて、ヨムーノさんについてご紹介します。

ヨムーノ(https://www.o-uccino.jp/article)は毎日が楽しくなるような情報がたくさん掲載されています。

 

ママさんにはもちろんですが、独身の方も楽しめる情報ばかり。

もちろん男性にも便利な内容がありますよ。

 

普段のお買い物、家事がより楽しくなる情報が盛りだくさん。

 

ちゅんみは、収納の記事をさきほどヨムーノさんで読ませて頂きましたが、なるほどなるほど!と思いました。

 

主婦の毎日のヒントになるような情報がたくさんです。

ライターさんも主婦さんがメインですので、主婦さん、ママさんには役立つはず。

主婦目線、ママ目線の情報で、毎日をもっと楽しくしてみませんか。

 

今回も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

 

おなまえ~るがマイナビウーマンで紹介されました!

2020年01月26日

こんにちは、ちゅんみです。

嬉しいご報告です。

 

おなまえ~るがマイナビウーマンさんで紹介されました!!

 

 

マイナビウーマンにておなまえ~るが紹介されました

 

おなまえ~るのリニューアル情報がマイナビウーマン子育てで紹介されました。

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7719

 

先日、おなまえ~るは、専用ボックスデザイン変更、フォント選択可、イラストつきスタンプの追加などリニューアルをしたのです。

そのリニューアル最新の情報をマイナビウーマンさんにて紹介していただき、スタッフ一同とっても嬉しい気持ちです。

 

少しでも多くの方におなまえ~るを知っていただき、苦労しているお名前書きのお手伝いができたらなと考えています。

 

マイナビウーマン子育て

マイナビウーマン子育て(https://woman.mynavi.jp/kosodate/)についてご紹介します。

 

マイナビウーマン子育てには、ママやこれからママになりたい女性の役立つ情報が多数掲載されています。

出産、育児情報だけでなく、妊活に関する内容も。

 

出産の不安・・・なかなか相談できない方もいるのではないでしょうか。

マイナビウーマン子育てでは、出産、育児のお悩み解決につながる情報もたくさん載っています。

子どもの教育から、お金のお話などもありです。

 

さらに、嫁姑問題やママ友など、人間関係に悩む方向けの記事もあります。

 

時には、あるある!と笑え、共感できる内容が、また時には、なるほど!と思うようなためになる内容もたくさんです。

 

また今ちょっと話題になっている、男性の育児についてのアンケート結果もありました。

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7718

 

なかなか出産して子育てといっても、育休が取れない男性が多く、ママ一人で育てている状態なこともありますよね。

「今忙しいから手伝って」と言っても、家事や育児に慣れない男性が戸惑うことも。

ママにとっては子どもの数が倍になるような感覚があるかもしれません。

ちなみに、我が家の夫も、家事がまったくだめです。

たまにやらせると、ちゅんみがやり直すことになり、いっそのことやらないでくれ!と思うことも・・・^^;

 

世論やアンケート結果を見てみると、新たな発見もあるかもしれませんよ。

 

こちらのアンケート結果によると、男性が家事、育児に携わることが当然と思う人が少ないのが現状ですが、

お名前スタンプの名前書きはパパにやってもらう、などをしてもいいかもしれません。

 

パパでも簡単!お名前スタンプ

 

お名前スタンプはポンと押すだけ。

お子さんと楽しくお名前書きをおすすめしますが、

もちろんパパさんが使ってもOK。

 

家事や育児ができなくても、スタンプを押すくらいなら・・・^^

ぜひパパにもおすすめしてみてくださいね。

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

幼稚園、保育園のバレンタインデーどうする?手作り?市販?

2020年01月25日

こんにちは、ちゅんみです。

 

今回は幼稚園、保育園でのバレンタインデーについてご紹介します。

 

幼稚園、保育園のバレンタインデー

女の子たちが幼稚園や保育園にバレンタインデーのお菓子を持ってくることがあります。

素敵ですよね。

大好きな男の子や仲良くいつも遊んでくれる男の子にチョコやお菓子をプレゼントします。

 

男の子のママさんは、ちょっと気になるみたい。

うちの子は、貰えるかしら??となったりも・・・。

 

しかし、貰えない子などが出てしまうといけませんから、園で禁止されている場合があります。

 

もしも、園で事前にお菓子の持ち込みはNGと通達があれば、ルールを守りましょう。

 

幼稚園、保育園のバレンタインデー、手作り?市販?

バレンタインデーは2月。

この時期って、風邪やインフルエンザ、胃腸炎などが流行っている時期です。

 

ママさんによっては、敏感なことがあります。

お子さんと一緒に手作りをしたものをプレゼントしたい気持ちもよくわかりますが、

園のお友だちへのバレンタインデーであれば、市販が無難です。

 

手作りは、パパにしましょう^^

パパは娘からの手作りチョコやお菓子がとっても嬉しいはずですよ。パパ、泣いてしまうかもしれませんね。

 

幼稚園、保育園のバレンタインデーはいくらくらい?

バレンタインデーのチョコやお菓子、いくらくらいのものが良いのでしょうか。

相手がお返しに気を使わない程度のものでOKです。

 

実際は100円くらいのお菓子が多いですよ。

 

素敵なブランドのお菓子もいいですが、子どものお口には合わないことも。

このくらいの年頃の男の子は、駄菓子のほうが大好きですからね。

値段は気にせず、気持ちが大切です。

100円くらいのお菓子を可愛くラッピングするだけで喜んでくれますよ。

ひとことメッセージを書いてもいいですよね。

いつも遊んでくれてありがとう、とか。

メッセージの最後には是非お名前スタンプを教えてくださいね。

幼稚園、保育園のバレンタインデーの渡し方

幼稚園、保育園でバレンタインデーを渡すことになったときの心得をご紹介します。

 

・アレルギーについて調べておく

カカオマスアレルギーなどもありますので、事前にアレルギーのことについては聞いておきましょう。

お渡しする前に、「アレルギーは大丈夫?ある?」と聞いてみてください。

男の子に聞くのではなく、ママさんに聞いた方が良いです。

 

・皆に渡す

大好きな本命の男の子にだけ渡したい・・・という気持ちもよーくわかりますが、

喧嘩になっては大変です。全員に渡すようにしましょう。

 

・渡すタイミング

お渡しをしないお子さん、ママさんもいますので、

園が終わって帰る時など、目立たないときに渡すといいですよ。

 

この時期は、男の子も女の子もそわそわしていてかわいいですね。

異性である、性別が異なることを意識するきっかけにもなります。

みなさんのお子さんに素敵な思い出ができますように。

 

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

お名前スタンプを持っていて良かったこと

2020年01月24日

こんにちは、ちゅんみです。

 

お名前スタンプを買おうかどうしようか迷っている方も多いですよね。

今回はお名前スタンプを持っていて良かったことをご紹介します。

 

お名前スタンプを持っていて良かったと思う瞬間とは

お名前スタンプは、子どもの持ち物の名前書きに便利とは聞きますよね。

 

はい、オムツや子どもの持ち物のお名前書きにとっても便利です。

特にオムツは消耗品で、毎日使うものですから、お名前書きが大変。

そんなときにオムツスタンプは便利だと、ママさんから好評を頂いております。

ありがとうございます。

 

 

お手紙や習い事のお月謝などを入れるのにも、お名前スタンプはぴったり。

バレエの先生にお金をお渡しするときは、こんな封筒に入れたりもします。

 

先生からはすぐにわかるしいいよね、と言われています。

 

 

知り合いやお友だちにメッセージカードなどをお渡しするときも、こんな風に封筒に入れています。

封筒の隅にお名前スタンプを教えておくと、後から誰からだったかがひと目でわかります。

 

 

ちゅんみは、SDカードなど、思い出の写真を皆に回すことがありますが、これは誰のSDカード?とならないように、お名前スタンプをSDカードにも押しています。

 

今まではお名前シールでしたが、スタンプにしてからは剥がれることがなくて、いいなと感じています。

 

 

ちなみに今まではこんなドラえもんのシールでした。

こちらもかわいいね、と周りの友人に好評だったのですが、スタンプを一緒に押したら、皆から褒められました^^

 

特にSDカードなど機会に入れるようなものは、シールがひっかからないかなど不安があります。

スタンプだと、消えたらまた押せばいいですし、もったいぶらずに使えますよね。

 

いかがでしょうか。

子どもの持ち物以外でも、

SDカードや、手紙に押してもとっても便利です。

 

年賀状に押してもいいですよね。

 

他のママさん情報だと、

幼稚園のゼッケンに使った、

名札にも使った、

というお声も。

 

さらに、遊びに使うこともできますよ。

 

 

ねんどで自分のお名前プレートを作ることもできますよ。

これなら、オリジナルのプレート。キーホルダーみたいにしてもかわいいかもしれませんね。

絵具で色をつけるのがおすすめです。

 

お名前スタンプは、お名前書きだけでなく、子どもさんの遊びにも使えます。

お子さんと一緒にお名前書きをしてみませんか。

 

 

こんな風に親子でお名前スタンプを押しても楽しいですよ。

先日、おなまえ~るはリニューアルをして、お子さんと一緒に使いやすくなったのです。

リニューアル情報もご確認くださいね。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

気になるウィルス、細菌…何が違うの?

2020年01月23日

こんにちは、うとです!

 

新型コロナウィルスのニュースが連日流れ、

保育園や学校ではインフルエンザがちらほら…

 

 

小さなお子さんを持つにみなさんはとっても気になる季節ですね。

 

新型コロナウィルス、怖いですね…

だけど、うがい手洗い、マスク、せきエチケットなど、通常の風邪対策をすればある程度は防げるようです。

必要以上に怖がることなく、きちんと情報収集をして正しく予防したいですね。

 

 

 

ところで、ウィルスと細菌って何が違うんだっけ…?

とふと疑問に思い、調べてみました。

 

ウィルスと細菌

 

これらの中には人間の体内に入ると病気を引き起こすものがあり、注意しなくてはいけないもの。

これがまずは共通点。

肉眼では見えず、総称して「微生物」と呼ばれる「生き物」です。

 

ウィルス

ウィルスはDNAが膜に包まれただけのような生物。

細胞を持ちません。

細菌との大きな違いは小さいということ!

大きさは0.1μmほどで、人間の細胞の1/500程度です。

ウィルスはそれ単体では成長も増殖もしません。

 

人間の体内に入ると、人間の細胞を材料に、増殖していくんですね。

その際に寄生された細胞が壊れるので、発熱や炎症などの不調を起こしてしまうのです。

 

細菌

最近は単細胞生物で、自分で分裂して増殖します。

はっきりと膜に包まれた核を持たない原始的な構造から、「原核生物」と呼ばれます。

これが人間の腸内や体液に侵入すると、細胞分裂を繰り返して増え、毒素を出し、

病気を引き起こします。

 

 

 

 

 

もちろんウィルスも細菌も、全てが毒という訳ではなく、

体内で共生して良い働きをするものもあります。

 

幼児期の予防接種などはウィルスに対抗する物質や、ごく弱いウィルスを事前に摂取することで

免疫力をつけ、感染を予防するものです。

予防接種のスケジュールを確認し、しっかりと守ってあげましょう。

 

 

少し難しくなってしまいましたが、

体調不良を起こしやすい季節です。

正しい予防をしっかり行い、家族で乗り切りましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

1 / 6612345...102030...最後 »
このページのトップに戻る