ブログ一覧【おなまえ~る】

ご利用ガイド サイズ対応表 おなまえ~るについて ホームに戻る

おなまえーるの万能インクをご紹介!

2023年08月08日

こんにちは、うとです!

 

毎日うんざりする暑さが続いていますね。

皆様熱中症には十分ご注意を。

 

外に出にくいこんな日は、新学期に向けての準備をするのに最適。

少しずつ買い足した学用品にお名前をつける、

おなまえーるDAYにするのもGOOD!

 

 

おなまえーるの万能インクをご紹介!

 

小学校で使うものを準備してみると、素材がまちまちなことに気がつくと思います。

紙、プラスチック、布、木、金属…

これら全てに上手に押せるインクって、意外とないんですよね。

100円ショップでは手に入らないし、

大きな文房具屋さんや画材屋さんに行っても、プラスチックは押せても布は別のインクなど、

それぞれの素材によってインクが必要になったり…

 

ところが!

おなまえ〜るの入園・入学セットに標準で付属しているインクは
紙はもちろん、布、金属、木、プラスチック、ビニールなど、
あらゆるものに綺麗に押せちゃうんです。

 

 

制服や靴下などの衣類はもちろん、ハンカチ、ナフキン、巾着やレッスンバッグなど、
布製品が案外多い入園・入学グッズ。
布への対応は必須です。

 

 

 

さらに嬉しいのが、アイロン無しでもお洗濯に強いということ!
アイロン不要だと、幼児さんの小さな靴下や、
上履きや運動靴などの立体的なものにもどんどん使えます。

 

 

お洗濯で消えてしまう心配もなく、しっかり印字できますよ。
繰り返しのお洗濯で少しずつ少しずつ薄くなりますが、再度スタンプで復活!
同じようにキレイにお名前が押せるのがスタンプのいいところですね♪

 

さて、そんなしっかりインクのおなまえ〜る、
もし失敗して押してしまったら?
歪んでしまったり、ずれてしまったり…
そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

 

プラスチックなどの非吸収面であれば、付属のクリーナーで拭き取ってください。
キレイに消すことができ、またやり直すことができます。

 

布の場合も大丈夫!
乾いてしまう前に石鹸で水洗いをしてください。
乾く前であれば落とすことができます。
(乾くと洗濯にも耐えるしっかりインクですので、急いで洗ってくださいね!)

 

そんな万能インクが標準セット!
しかも黒とカラーインク1色(ブルー・ピンク・ホワイト)選ぶことができます。

 


さらに布に強く、カラーバリエーションも豊富なインク、バーサクラフトもありますよ♪

素材を選ばずに押せる万能インクと豊富なサイズのお名前スタンプ。
おなまえ〜るのスタンプが“使える”秘密はここにあるんですね!

 

素材、サイズを選ばずどんなものにも押せるおなまえ〜る。
入園・入学準備も安心です♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

下の子へのおさがりにも使えるお名前スタンプの押し方を解説

2023年08月07日

こんにちは、ちゅんみです。

 

子どもの持ち物へのお名前書きは、洋服にまでしなくてはいけません。

でも、上の子の名前を書いてしまうと、下の子のお名前書きで消すのが大変そう…と思いますよね。

 

今回は、下の子へのおさがりにも使えるお名前スタンプの押し方を紹介します。

 

下の子のおさがりにも使えるお名前スタンプの押し方

ユニクロのキッズ用の洋服には、お名前書きをするタグがあることが多いです。

 

このタグに目いっぱい目立つようにお名前書きをすると、下の子へのおさがりで不便になります。

コツは、タグのギリギリのところにお名前書きをすること。

 

 

こんな感じですね。

端っこに押すので、目立つように赤いインクでお名前書きをしました。

園や学校で指示がある場合は、それに従ってください。

 

これで誰の洋服なのか、すぐにわかるはずです。

 

なぜ端っこにするのかというと、下の子に使うときに上の子のお名前の部分のみをカットすればよいから

 

 

上の画像のように、お名前を書いた部分のみをハサミでチョッキン

 

これで上の子のお名前を消すことができます。

残ったタグ部分に下の子のお名前を書けばOKです。

 

これだと、下のきょうだいに洋服をおさがりにするときも便利です。

 

わざわざ上の子の名前を消す必要もなく、上からなにかを貼る必要もありません。

タグいっぱいにお名前書きをせずに、ギリギリにスタンプを押してみてください

 

タグに使うのにおすすめのスタンプインク

子どもの洋服のタグに押すのにぴったりなスタンプインクは、布用です。

 

布用スタンプインクは洗濯しても落ちにくく、にじみにくいです。

 

布用でおすすめなのがバーサクラフト。

 

(バーサクラフト)

 

カラーバリエーションが豊富なので、1つあるとよいですよ。

 

ちなみに多目的スタンプでも布に使えます。

 

ステイズオンおなまえもおすすめです。

 

(ステイズオンおなまえ)

 

100円ショップにも布用スタンプインクが販売されています。

ちゅんみが見つけたのは、ダイソーとセリアです。

ぜひ100円ショップに行く際は、探してみませんか。

 

お名前シールだと、上から下の子のお名前シールを貼るか、上の子のシールを剥がすことになるでしょう。

一度貼ったシールを剥がすのは、大変なことも。

上からシールを貼るときに、下のシールとサイズが同じであればよいですが、異なるサイズの場合は、不格好になってしまいます。

 

お名前スタンプのほうが下の子におさがりをさせたいときによいかもしれません。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

8月11日は『山の日』子どもの登山の注意点と登山教室を解説

2023年08月06日

こんにちは、ちゅんみです。

 

8月11日は山の日です。

都会育ちで普段自然に触れない子どもに、登山を楽しませたい保護者もいるでしょう。

でも、登山って危険がいっぱいで不安な気持ちも…。

 

今回は、登山の注意点と登山教室を紹介します。

 

子どもとの登山の注意点|こまめな休憩

子どもとの登山の注意点1つめは、こまめな休憩です。

 

子どもは体力はあまりないので、様子を見ながらこまめに休憩しましょう。

「疲れた」、「具合が悪い」がなかなか言えない子も。

突然、倒れてしまうこともあるので、頻繁に休憩を取りましょう。

無理な登山は禁物です。

子どもとの登山の注意点|水分・栄養補給

子どもとの登山の注意点2つめは、水分・栄養補給です。

 

子どもは体が小さく、体温調節も苦手。おとなよりも多くの水分が必要とされています。

筋肉量もないので、栄養補給をしないと動けなくなることも…。

水分と栄養補給はこまめにしましょう。

子どもとの登山の注意点|もしものときの道具を持って行く

子どもとの登山の注意点3つめは、もしものときの道具を持って行くことです。

 

もしものときの道具は、次のとおり。

 

  • チョコレート
  • レインコート
  • タオル
  • 絆創膏
  • ライト
  • 防寒服

保護者が登山に慣れていても、子どもは違います。

転んで怪我をしてしまう、動けなくなってしまうこともあるので、もしものときのために道具を持って行くと安心です。

 

子どもとの登山の注意点|登山靴を履く

子どもとの登山の注意点4つめは、登山靴を履くことです。

 

子どもなら、普段の運動靴でも問題ないと考える方もいますが、滑ってしまうこともあるので、登山靴をおすすめします。

普段履き慣れない登山靴だと、靴擦れの心配もあるため、何度かおうちで履いて慣らしていくとよいでしょう。

 

登山教室とは

子どもに登山教室に参加させるのもおすすめです。

登山の知識、歩き方などを学べます。

 

植物や野鳥にくわしい先生が解説しながら、登山のサポートをしてくれる体験系プログラムなので、子どもでも楽しめるでしょう。

ただし、参加できる年齢がプログラムごとに違うので、子どもの年齢に合ったものを選びましょう。

 

参加費は5,000円から30,000円ほど。

 

家族で参加するのもよいかもしれませんね。

 

何歳から登山はできる?

登山は何歳からか悩むかと思いますが、山のレベルによって異なります。

かんたんで登りやすい山であれば、4歳くらいから挑戦できることもあるので、子どもの体力と山のレベルを考えて登ってみましょう。

 

 

山の日に開催される山のイベントもたくさんあります。

興味があればぜひ参加してみませんか。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点

2023年08月05日

こんにちは、ちゅんみです。

 

共働き家庭では、学校の夏休みになると、どうしても子どもに留守番させることもありますよね。

しかし、気になるのが防犯面です。

 

そこで今回は、夏休み中に子どもを留守番させるときの注意点をまとめます。

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|電話ルールを決める

子どもを留守番させるときの注意点1つめは、電話ルールを決めることです。

 

家の電話が鳴っても出ない、この番号以外は出てはいけない、のように電話ルールを決めましょう。

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|インターホンに出ない

子どもを留守番させるときの注意点2つめは、インターホンに出ないことです。

 

ピンポンと音が鳴っても出ないように子どもに伝えることをおすすめします。
子どもがひとりで留守番していることを知られると危険だからです。

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|戸締りをさせる

子どもを留守番させるときの注意点3つめは、戸締りをさせることです。

 

家の中にいても、玄関や窓の鍵をきちんと閉めることを伝えましょう。

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|「ただいま」と言う

子どもを留守番させるときの注意点4つめは、「ただいま」と言うことです。

 

誰もいない家に帰る場合でも、「ただいま」と言うことで、お留守番だとバレにくいです。
日頃から「ただいま」というクセを付けさせるとよいでしょう。

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|緊急連絡先を教える

子どもを留守番させるときの注意点5つめは、緊急連絡先を教えることです。

 

もしものことがあったら、保護者に電話がおすすめですが、信頼できる近所の方や祖父母など親戚の連絡先も伝えておくと安心です。保護者のスマホの連絡先だけでなく、職場の電話番号も伝えましょう。

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|火や包丁を使わせない

子どもを留守番させるときの注意点6つめは、火や包丁を使わせないことです。

 

お留守番中に火や包丁を使わせて怪我をすることがあります。

事故予防にキッチンに入らないなど、ルールを決めてください。

 

また、高層階に住んでいる場合は、子どもにベランダへは出てはいけないことも伝えてください。

ここ近年、子どもがベランダから転落する事故が発生しています。

立ち入ってはいけない場所を子どもに伝えましょう。

 

 

【夏休み】子どもを留守番させるときの注意点|鍵を見せない

子どもを留守番させるときの注意点7つめは、鍵を見せないことです。

 

鍵を首から下げる子もときどきいますが、これは危険です。

お留守番の子だと不審者に知られるリスクがあるので、鍵はなるべく見られないようにしましょう。

 

自宅のポストに鍵を隠すこともおすすめしません。

これは非常に危険なので、やらないようにしましょう。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【色別】黒地には目立つ?お名前書きで便利な白いスタンプパッドを検証してみた

2023年08月04日

こんにちは、ちゅんみです。

 

お名前スタンプでのお名前書きには、インクパッドが必要です。
インクの色は黒が一般的ですが、白もあるとすごく便利なのですよ。

 

今回は、白いスタンプインクの色別レポを紹介します。

 

白いインクを色紙に使ってみた

白いスタンプインクを色紙に使ってみました。

 

 

 

上から、茶色・青・黒です。

 

どうでしょうか。青だとちょっと目立ちにくいですよね。

しかし、茶色や黒だと少し目立ちます

 

白いスタンプインクは、圧倒的に黒地におすすめです。

 

むしろそれ以外の色にはあまり目立たないと言えます。
黒地や黒に近い茶色などかなり暗い色に白いスタンプインクを使うとよいでしょう。

 

白いスタンプインク

今回ちゅんみが使ったスタンプインクは、ステイズオンおなまえです。

 

 

シロクマのデザインになっていてかわいいですよね。

こちらは多目的スタンプで、紙だけでなく布やプラスチックなどあらゆるものに使用可能です。

おすすめは洋服です。暗い色へのお名前書きに向いています。

 

白いインクは、黒と比べるとあまり発色がよくなく、黒地に使ってもややぼんやりしているのです。

 

 

こちらは水泳キャップに白いスタンピンクを使ったもの。

 

 

こちらは黒いTシャツにスタンプしたものです。

 

やはり色がぼんやりとしているような…。

 

 

 

黒いスタンプインクはこれだけはっきりしているのに、白はちょっとぼんやりなのです…。

 

黒地にお名前書きをする方法

黒地には白いスタンプインクがおすすめですが、白いスタンプインクを使ってもお名前が目立たないこともあります。

そこでおすすめなのが、お名前シール

 

 

 

タグシールやネームラベルなどを使うと、黒字でもお名前書きがしやすいですよ。

どちらも100円ショップで売られていました。
セリアやダイソー、キャンドゥで売られているので、探してみてください。

 

シールやラベルを使えば、白いスタンプインクではなく黒いスタンプインクでお名前書きができて便利。

 

白いスタンプインクだと、物足りないように感じる方は、ぜひシールも使ってみてください。

 

白いスタンプインクの使い道

白いスタンプインクは次のものにおすすめです。

 

  • 習字セット
  • 黒い・暗い服
  • 暗い色の水泳キャップ
  • 暗い色の体操服

習字セットは黒いものが多いため、白いインクが活躍します。

水泳キャップや体操服は紺色が多いので、白いインクを使ってみましょう。

 

白いインクでダメだったら、シールも活用してみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

このページのトップに戻る