ブログ一覧【おなまえ~る】

ご利用ガイド サイズ対応表 おなまえ~るについて ホームに戻る

おなまえ~るをまっすぐ綺麗に捺すには?おすすめのおなまえ~るのアレンジもご紹介!

2019年01月26日

みなさん、こんにちは、ちゅんみです!

 

いつもおなまえ~るのブログを見てくださり、どうもありがとうございます。

 

おなまえ~るは、一言で説明すると、お名前スタンプです。

説明不足だよ~と思う方は是非こちらの記事をご覧ください「入園・入学ママ必見!お名前書きが楽になるお役立ちグッズ【おなまえ~る】

 

さて、今回はおなまえ~ると一緒にあると便利なグッズ「L字スケール」「おすすめのおなまえ~るの使い方」についてご紹介します!

 

おなまえ~るがバランスよく綺麗に捺せる!L字スケール

みなさん、L字スケールをご存じですか?

こんなアイテムです。

 

 

L字型の定規です!

見たことない方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

このL字スケールを当てて、おなまえ~るを捺せば、斜めになったりせずに、まっすぐ綺麗に捺せるんです!

どう?優れものでしょう?^^

 

お子さんの入園入学のために買った持ち物・・・新品もたくさんあると思います。

綺麗に仕上げたいけど、まっすぐちゃんと捺せるか心配で、ドキドキ・・・

捺すときに緊張してしまうママさんも多いかと思います。

 

まっすぐ捺したつもりが、よく見たら曲がっていて、後悔することも・・・。

 

そんなときに、このL字スケールは大活躍です!

 

ちゅんみの周りでは、三角定規と普通の定規を使って、まっすぐ捺しているという方がいらっしゃいました。

ただ、三角定規が時々ずれてしまうとのこと。

L字スケールはずれにくいので、おすすめですよ。

 

おなまえ~るの追加オプションとして購入することも可能です!

綺麗に仕上げたいママさんにおすすめです。

 

お気に入りの紙で作るおなまえ~るのシール

おなまえ~るは、シール台紙にポン!と捺せば、一瞬でお名前シールに早変わり♪

とっても便利です。

 

 

でも、シール台紙がないという方もいらっしゃるはず。

 

そこで、手作りシールを作ってみませんか。

作り方はとっても簡単です。

 

【用意するもの】

・お気に入りの紙(ラッピングペーパーや折り紙など)

・おなまえ~る

・スタンプインク

・色ペン、色鉛筆など

・ハサミ

・両面テープ

 

○作り方

とても簡単なので、書く必要ないかも・・・と思いつつ書いてみますね^^

①まずはお気に入りの紙に、いつものようにおなまえ~るを捺します。

 

②おなまえ~るのイラストスタンプがある場合は、イラストに色鉛筆や色ペンで色を塗って、可愛くしてみましょう。

 

③紙の裏に両面テープを貼り、好きな形にハサミでカット。

これで出来上がりです♪

 

※ハサミでカットしてから、両面テープを貼るよりも、先に貼ってからカットしたほうが綺麗に仕上がります。

 

一般的なお名前シールだと、色合いがシンプルですよね。

でも、折り紙など色や模様がついたものにスタンプを捺せば、自分だけのシールが作れちゃいます。

 

かわいいイラストスタンプもありますよ。

 

 

イラストに色を塗ると、より可愛く仕上がります。

イラストについては「おなまえ~るをよりかわいくするなら、らくがきDECO!猫好きにはねこDECOもおすすめ!」をチェックしてみてくださいね。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

100円ショップのお名前スタンプって、入学準備に使えるの?

2019年01月24日

こんにちは、うとです!

長男の学校では続々と学級閉鎖になり、

インフルエンザが猛威を振るっています!

皆さまは大丈夫ですか?

うがい手洗い、外出時のマスクをお忘れなく!

 

おなまえ~るのブログをご覧いただきありがとうございます。

おなまえ~るのおなまえスタンプはお母さんたちの強い味方!

簡単キレイなお名前でお子様の登園・登校をサポートします。

 

さて、100円ショップって便利なものがたくさんあり、

行くとついつい色んなものを買ってしまいますよね。

 

中にはオシャレで素敵なものも多く、これが100円?!

とワクワクしてしまいます。

 

100円ショップにも可愛いスタンプがたくさんありますよね、

これって入園・入学のお名前書きに使えるのでしょうか??

 

 

100円ショップの代表的なお名前スタンプは、

 

ゴム部分をハサミで切り、

 

お名前を並べて軸に取り付けます。

 

…できた!

 

一旦バラすと次に押す時はまた並べて…

うーん、ちょっと面倒…

 

 

押してみると、

きっちり並べてもなんだか歪んでいたり、

 

 

枠線がついてしまったり…

 

文字が小さいので難しく、上手に押すにはコツが要りそうです。

 

ちょっとした物になら手軽でいいかもしれませんが、

入園・入学準備など、きちんとおなまえをつけたいものには

ちょっと不安…

 

しっかり押したいお名前には、

やっぱりおなまえ~るのお名前スタンプがオススメ!

 

お子さまのお名前でオーダーしますので、

当然歪みもなく文字がきれい☆

もちろん、漢字もOK!

 

 

書体にも配慮がされており、

文部科学省学習指導要領に準拠したフォントを使用しています。

 

 

大きさのバリエーションも豊富ですので、

押す物に合わせてちょうどいいサイズを選ぶことができます。

 

 

 

そしてやはりインクの質が違います。

おなまえ~るは紙はもちろん、布、プラスチック、金属にもしっかり押せるインク。

入園・入学グッズにどんどん使えます。

 

お子さまのお名前書きにはおなまえ~るのお名前スタンプがオススメ☆

 

100円スタンプは可愛い柄のものを

おなまえ~るのスタンプのアクセントとして使うというのはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ママの8割以上が入園入学準備に苦労!おなまえ~るのイラストで子供を喜ばそう!

2019年01月23日

みなさん、こんにちは、ちゅんみです!

 

おなまえ~るのブログを見てくださり、どうもありがとうございます。

 

おなまえ~るはもう既にご存じですよね。

念のために、一言で説明しておくと、お名前スタンプです。

もっと詳しく知りたい場合は、「入園・入学ママ必見!お名前書きが楽になるお役立ちグッズ【おなまえ~る】」をご覧ください。

 

さて、今回は、入園入学準備で

「ママさんたちが何に苦労をしたか」「おなまえ~るイラストスタンプ」についてご紹介します。

 

8割以上のママが入園、入学準備に苦労してる!

大切に育てた我が子が、入園入学を迎えようとしていると、成長も感じ、嬉しいですよね。

でも、ママさんたちはやることがいっぱい・・・!

 

調べてみると、

 

8割以上のママさんたちが、入園入学準備で苦労したこと、大変だったことがあった!

 

と回答しているそうです。

 

みなさん、苦労しているんですね。

頑張りすぎると、疲れてしまいますよね・・・。一人で頑張りすぎず、

先輩ママさんに頼ることも大切です。

 

そして、お名前付けは、おなまえ~るにお任せください!

 

苦労したこと、大変だったことの1位は「持ち物への名前付け!」

入園入学準備の期間だけでなく、入園入学後にも途中で名前付けをすることもたくさんあり、

一年で名前付けをするのは約30回ほどとも言われています。

 

ちなみに、苦労したこと、大変だったことは、名前付け以外には「お裁縫」がありました!

幼稚園バッグ、体操着袋、音楽袋などたくさん縫わなくてはいけないものもあり、大変です。

 

 

さて、話を名前付けに戻して・・・

名前付けでは、なるべく子供が喜ぶものがいいですよね。

どんなものだと子供が喜ぶかというと、

 

・絵がマークなどが入っていること

・キャラクターものであること

・オリジナリティーがあること

 

がポイントです。

 

おなまえ~るは子供が喜ぶイラストがあります!

 

 

イラストのバリエーションが豊富です。

お子さんが好きな動物や食べ物などにしてあげると、喜んでくれるはず。

文字がまだ読めない子には、イラストが目印になります。

 

また、おなまえ~るには、DECOシリーズもあります。

詳しくは、「おなまえ~るをよりかわいくするなら、らくがきDECO!猫好きにはねこDECOもおすすめ!」をご覧ください。

 

お子さんももちろん喜ぶと思いますが、大人でも欲しくなってしまうかわいさ^^

ちゅんみも、年賀状や手紙の最後にポン!と捺したいなと思っています。

自分だけのものがある嬉しさ、是非お子さんにプレゼントしてみませんか。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

ちょっと一息☆グリーンのある生活

2019年01月22日
こんにちは、うとです!

お友達がインフルエンザにかかったという話をちらほら聞き始め、

じわじわと流行が近づいているのを感じます…

皆様は体調いかがですか?



おなまえ~るのブログをご覧いただきありがとうございます。

おなまえ~るのおなまえスタンプはお母さんたちの強い味方!

簡単キレイなお名前でお子様の登園・登校をサポートします。



さて、保護者の皆さまは毎日家事に子育てに、忙しくされているのではないでしょうか?

忙しくなるとちょっとした事にもついイライラ…

気持ちにゆとりを持って子育てしたいものですね。

(書きながら私も反省です…)



そんな時にちょっとした癒しをもたらしてくれるのが「お花や植物」

家の中に小さくても緑があると、良いですよね^^

なんだか気持ちにもゆとりが出てきます。



とはいえ、小さなお子さんのいるご家庭では、


「水をこぼしそう…」

「土を子どもが触っちゃう!」

「毎日マメにお世話できない!」

「虫が寄ってきそう…」

と、なかなか難しい!



そこでオススメしたいのが、ドライフラワーです

水も土も不要で、お世話もいらない。

飾り方も自由で、結構カラフルにお部屋を彩ってくれるんです!



こんな風にお店でブーケにもしてくれますし、



壁に吊るせば子どもが触る心配もなし☆



小さなガラス瓶に少しでも、



和風な雰囲気でも素敵!



額に入れたり、ガラス瓶や紙袋に入れて吊るすのもお手軽で良いですね☆





忙しい合間に、お花を眺めてちょっと一息。

自分の時間も大切にしながら、家事も子育ても楽しくできると良いですね☆



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

みんなは何色を選んでる?ランドセルの人気カラーは?

2019年01月20日

みなさん、こんにちは!ちゅんみです。

 

おなまえ~るのブログを見てくださり、どうもありがとうございます。

 

もうみなさん、おなまえ~るはご存じかと思います。

まさか、知らないなんてことはないと思いますが・・・念のため一言で説明すると、お名前スタンプです。

もっと詳しく知りたい場合は、「入園・入学ママ必見!お名前書きが楽になるお役立ちグッズ【おなまえ~る】」をご覧ください。

 

さて、入学準備といったら、お名前書きだけでなく、

やはりランドセル選び」ではないでしょうか。

6年間使うので、子供のお気に入りの色で大きくなっても飽きない色がいいですよね。

 

今回は人気のランドセルカラーについて書いてみますね。

 

ランドセル人気カラーは?

私の時代は赤と黒しかなかった!というママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ちゅんみは平成の小学生でしたが、やはり黒と赤がほとんど!

この2色以外も当時は少し売られてはいましたが、クラスで浮いてしまうといけないから、と赤と黒を選んだ時代です。

そんなちゅんみは、黒を欲しがったそうです。ランドセルの黒って黒光りしていてかっこいいですよね。

女の子が赤だと知らずに、黒を欲しがり、祖母がちゅんみを諭して赤を買うことになりました笑。

 

ですが、最近の子供達のランドセルはとてもカラフルでかわいい!

さて、実際どんな色が人気なのでしょうか。

 

調べてみると、

女の子の半数前後が赤系、ピンク系です。

赤系ピンク系の次に茶色、パープル、水色が人気です。

近年では、茶色がとても人気になってきて、赤系、ピンク系と同じくらいの割合になってきています。

 

女の子は赤、ピンク、茶色、パープル、水色などとカラフルですね。

 

 

さて、男の子はどうでしょうか。

6割以上の男の子が黒色のランドセルということがわかりました!

黒の次は、青系、グリーン系とのことです。

 

今も昔も黒は人気のようですね。

ただ、黒といっても、3割が黒とブルーのコンビカラーだったり、パイピングやステッチにこだわりがあったりと、

昔のランドセルと比べてずいぶんかっこいい仕様です!

 

ああ、ちゅんみもこの時代に生まれたかったな~笑。

 

毎日使うものはその子のイメージ

毎日使うものは、その子のイメージに繋がります。

実際ちゅんみが小学生の時、学年で数人ですが、赤や黒以外のランドセルの子が居ました。

クラスが違いあまりしゃべったことがない子でしたが、「緑のランドセルの健くん」と今でも覚えています笑。

 

○○ちゃんといったらこの色!というイメージが子供たちの間でつきますので、しっかりお子さんと一緒に選びたいですね。

 

ただし、学校では色を指定している場合もありますので、注意が必要です。

事前チェックも忘れずにしておきましょう。

 

 

おなまえ~るも同様です。

あの子の持ち物にはいつもこのスタンプ、このマークがある!ときっといつまでの子供達の中で印象に残るはず。

かわいいDECOシリーズもおなまえ~るにはありますので、ランドセルと一緒にチェックしてみてくださいね。

おなまえ~るをよりかわいくするなら、らくがきDECO!猫好きにはねこDECOもおすすめ!

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

このページのトップに戻る